東海テレビ放送 戸松準さん

User's interview

東海テレビ放送 戸松準さん

 360度動画コンテンツの差別化は、テレビ番組を制作している

テレビ局ならではのつくり方を生かしていくことが必要。

・VRを最初に体験された時の感想は?

「正直、不思議な感覚でした。

VRを初めて見る人たちは、僕が初めて見たときと同じリアクションをするので、みんな不思議な気持ちなんだなというのはありましたね。

VR映像というのは、今までの映像の中でもインパクトがあるものなんだなというのは感じました。」

・初めてGuruVRの撮影・制作に、立ち会っていかがでしたか?

「その場で映像を見ることができないという不安は、正直ありました。テレビ局の感覚としては、生放送・舞台をやる感覚と一緒かなと思っています。

本番までの準備をしっかりとすれば、楽しんで撮影ができるということも感じました。

「撮れなかったらどうしよう」という不安もありますが、一発勝負のやりがい、それも刺激として考えて撮影ができたらなと思っています。」

 

・テレビ局がVRをやるメリット、についてどう思いますか?

「今、VRの映像会社というのはたくさんあると思うので、我々が作るコンテンツを差別化するには、やはり、テレビ番組を制作しているテレビ局ならではの作り方が重要だと思います。

テレビ局独自の演出・構成・ストーリー性・撮影手法のアイディアを考えていくことが必要。

且つ、普段は入れない場所の撮影、見られないようなものを見ることができる、そういった部分をいかしていくこともテレビ局がVRをやるメリットかなと思います。」

GuruVR Media Proは、いかがでしたか

「機材の選択の相談から、撮影・編集のレクチャー、アプリの立ち上げまで、ワンストップでできるというのは、大変素晴らしく、他社と違うところかなと思います。」

・実際にジョリーグッドとやってみてどうでしたか?

「日々、バージョンアップされている、進化されている、そういった研究熱心な部分は、非常にいろんな意味で勉強させていただいているので、一緒に協業できるような形で非常にありがたいなと、今回思いました。」

戸松さん、ありがとうございました!

東海テレビ「VR TOKAI」はこちら!