「GuruVR」スマートフォン向けアプリ公開!

6 10月 , 2015 NEWS,Service

「GuruVR」スマートフォン向けアプリ公開!

“GuruVRのコンテンツ”をスマートフォンで体験できる、“GuruVRアプリ”を公開しました。

ナビゲーターらと一緒に、ヴァーチャル観光やテレビロケ、海外留学、そしてミステリードラマなどを、楽しむことができます。

 

◎GuruVRアプリの特長

※特許出願済

  • すべての番組が、ナビゲーターやガイドらに連れられて体験する「出演者との同伴体験」をベースとしています。360度の景色よりも、“ストーリー”と“出演者の表情”を重視して構成しています。
  • VRケースをお持ち方も、お持ちでない方も体験できます。(一眼と二眼の切り替えが可能)
  • “振り向く方向”だけでそれぞれのシーンへ行ったり来たりや、アプリ内の操作が可能な「アングル・コントロール」を搭載しています。すべての操作が「向いている方向」(アングル)で行えるため、一度、ヴァーチャル体験に入った後は、VRケースを外す必要がありません。
  • 一つのシーンメニューから、いくつかの子シーンに行き来できるので、見る順番やコースを自由にお選び頂けます。

 

下記のボタンから無料ダウンロードできます。
※ダウンロードにはWi-Fi環境が必要です。

【iPhone】
App_Store_Badge250x74

【Android】
GooglePlay226x74

 

◎VRコンテンツ紹介

Menu_Rie

 

インバウンド観光向け、外国人をターゲットに想定した英語VRコンテンツ。リエちゃんが、日本のお花見を英語で説明しながら、一緒に歩いてくれます。

(※プリインストールされています。)

 

 

Menu_Iwate360

 

テレビの情報番組のロケと連動したVRコンテンツ。冨田アナウンサーと一緒に、番組内で紹介した名所を巡ります。
(協力:IBC岩手放送「じゃじゃじゃTV」

テレビ生出演の記事はこちら。

 

 

Menu_Ryugaku

 

株式会社留学情報館が運営する「留学VR」の体験版。PV公開中。

今話題のフィリピン留学の学校や寮生活を、ナビゲーターの三浦マキちゃんが案内してくれます。現地の授業や休日生活をヴァーチャル体験。

 

 

Menu_Zeminar

 

岩手県盛岡市を中心に活動する「劇団ゼミナール」と360°のVRミステリー(?)ドラマに挑戦。前編にあたる「取り調べ編」のみを公開中。「解決編」も後日公開します。
予告編動画はこちら。

 

 

※コンテンツは、随時追加予定です。容量が大きいため、それぞれWi-Fi環境の下でダウンロードをお願いします。

 

 

◎GuruVRアプリの使い方

VRケースをお持ち方も、お持ちでない方も体験できます。(一眼と二眼の切り替えが可能)

 

1.起動するとアニメーションの後、二眼メニューが表示されます。
GA_iPhone_3

 

2.Google CardBoardなどのVRケースをお持ちの方は、ここでスマートフォンをケースに入れます。
Google-Cardboard-620x450VRcaseman350

※以降はVRケースからスマートフォンを出すことなく、そのまま“振り向くだけ”で、すべての操作ができます。

 

3.VRケースをお持ちでない方は、アプリを下に向けて「ビュー切り替えボタン」に画面の中心点を合わせます。
GA_iPhone_4

Glasses・・一眼モードと二眼モードを切り替えます。

一眼メニューに切り替わります。
GA_iPhone_8

※以降の操作は、一眼も二眼も操作方法は同じです。

 

 

4.振り向いたり、角度を変えて、コンテンツを選びます。

サムネイルに触れると「PLAY」ボタンが表示されるので、中心を合わせて2秒程度待ちます。
GA_iPhone_5

 

5.選んだコンテンツの「シーンメニュー」が表示されます。
あたりを見回しながら、浮いている「シーンのサムネイル画像」から、行きたい場所を選びます。

GA_iPhone_6

 

6.ナビゲーターのガイドを聞きながら、ヴァーチャル体験を楽しみましょう。

GA_iPhone_9

 

7.下を向けると、コントロールボタンが表示されます。
GA_iPhone_7

◎操作ボタンの説明

Back・・一つ前のシーンメニューに戻ります。

Home・・最初のコンテンツメニューに戻ります。

Glasses・・一眼モードと二眼モードを切り替えます。

 

操作方法は、以上です。
GuruVRでは、ヴァーチャル・リアリティに没入しながら、シーンを行ったり来たりできる「アングル・コントロール機能」を搭載した、スマートフォン向けのアプリケーション開発を承っております。公式パンフレット資料はこちらからご覧ください。

お気軽にお問い合わせください。

,


Comments are closed.