GuruVR App

GuruVR App

GuruVRのVRコンテンツをスマートフォンでヴァーチャル体験できる、スマートフォンアプリケーションを公開しました。

本アプリでは、VR(ヴァーチャル・リアリティ)に没入したまま、
“振り向く方向”だけでシーンの行ったり来たりなどの操作が可能な「アングル・コントロール」を搭載。
ナビゲーターと一緒に町歩きやお散歩を楽しむことができるコンテンツを配信しています。

 

GuruVRアプリの特長

  • VRビューワーをお持ちでない方も体験できます。(一画面モードとVRモードの切り替えが可能)
  • すべての操作が「首が向いている方向」で行うことができます。ボタンやコントローラーは要りません。
  • 一つのコンテンツから、様々なシーンにジャンプして、自由自在にシーンを移動できます。

 

下記のボタンからインストールできます。

 

【iPhone】
App_Store_Badge250x74

【Android】
GooglePlay226x74

 

 

GuruVRアプリの使い方

 

1.起動するとアニメーションの後、メニューが表示されます。
GA_iPhone_2

 

2.Google CardBoardなどのVRケースをお持ちの方は、ここでスマートフォンをケースに入れます。
Google-Cardboard-620x450VRcaseman350

※以降はVRケースからスマートフォンを出すことなく、そのまま“振り向くだけ”で、すべての操作ができます。

 

 

3.振り向いたり、角度を変えて、コンテンツを選びます。
サムネイルに触れると「PLAY」ボタンが表示されるので、中心を合わせて2秒程度待ちます。
GA_iPhone_5

 

4.選んだコンテンツを体験できます。
VR空間上に浮いている「シーンのサムネイル画像」から、行きたい場所を選ぶと移動します。

GA_iPhone_6

 

 

5.下を向けると、コントロールボタンが表示されます。
GA_iPhone_7

操作ボタンの説明

Back・・一つ前のシーンメニューに戻ります。

Home・・最初のコンテンツメニューに戻ります。

Glasses・・一眼モードと二眼モードを切り替えます。(メニュー時のみ表示)

 

モードの切り替え方

VRケースをお持ちでない方は、アプリを下に向けて「ビュー切り替えボタン」に画面の中心点を合わせます。
GA_iPhone_4

Glasses・・一眼モードと二眼モードを切り替えます。

一眼メニューに切り替わります。
GA_iPhone_8

※以降の操作は、一眼も二眼も操作方法は同じです。

 

 

操作方法は、以上です。

コンテンツは、随時追加予定です。

 

GuruVRでは、ヴァーチャル・リアリティに没入しながら、シーンを行ったり来たりできる「アングル・コントロール機能」を搭載した、スマートフォン向けのアプリケーション開発を承っております。

お問い合わせはこちら。